不登校の子供を支援する第三の居場所

フリースクールや適応指導教室

このカテゴリでは適応指導教室とフリースクール、相談室、保健室登校などの第三の居場所つくりについて紹介したいと思います。学校にも家にも居場所がない、そこにできるだけ居たくないという子どももいます。

 

そんな時、親でもクラスメイトでも先生でもなく、話を聞いてくれる人の存在が大きいものです。また、不登校になりそうなとき、もう少しで学校に復帰できそうなときにも力になってくれる場所についてそれぞれの違いや特徴について書いていきます。

 

不登校支援機関以外にも

不登校の子供を支援する目的ではないですが、塾や習い事も子供にとって居心地のいい空間になることもあります。一見すると、学校にいかないのに、塾や習い事に行くなんて・・・と思う人もいるかもしれません。でも、もし本人が行きたがっているのなら、ぜひ行かせてあげてください。

 

塾や習い事をするメリット

 

コミュニケーション能力の維持のため

不登校というと家にこもりがちなことが多かったりします。いずれ学校に復帰するにしても、社会に出て就職するにしても、人とのコミュ二ケーションは避けられません。

 

そして、このコミュニケーション能力をあげる、あるいは維持するためには人との関わりをするしかないのです。そういった意味で、塾や習い事などで人と関わることは復帰の上でとても重要になります。

 

ストレス発散・子供の自信回復

また、好きなことであればストレス発散にもなりますし、勉強の遅れを取り戻せるのであれば、学校復帰の際の勉強の遅れに対する不安をのぞくこともできるのです。

 

また、お子さんによっては学校の友だちと会うのが嫌だから別のところに通わせてほしいというかもしれません。そんなとき、もしおうちの経済等が許すのであればぜひ地域を変えてでも通わせてあげてください。お子さんの再登校するときの自信にもつながり非常に効果的です。

フリースクール・適応指導教室などの第三の支援機関記事一覧

フリースクール

目次フリースクールの料金(入会金や授業料)通学に必要なその他の費用料金が高いか安いか何と比較するか?フリースクールは正規の学校ではないのですがその人気は強く、特にひきこもりなど不登校の生徒が、既存の枠組みとは大きく異なる自由な校風に魅せられて通うケースが多くあります。フリーと名がつくように自由で独創的な教育を行うのが魅力で、進学を希望する生徒も大勢います。学校と認可されるフリースクールもまたここ十...

フリースクールと高校受験

不登校で中学校に通わず、フリースクールに通っていた場合、高校受験はどうすればいいのか注意点やポイントを紹介します。目次高校受験だけが進路ではない一般的な高校受験についてフリースクールと高卒資格・学歴についてフリースクールの課題高校受験だけが進路ではない事を知るまず、前提として、進路を一つに決めつけないことが大事です。不登校からの高校受験というと、私立の高校や通信制高校へ進むのが一般的ですが、高校へ...

自宅学習出席扱い

インターネット学習塾で出席日数扱い!?不登校で学校へ行けなくても自宅学習で出席日数にカウントしてくれる制度をご存知でしょうか?これは平成17年に文部科学省から各自治体に通知された制度で、不登校による学習面の遅れを少しでも減らそうという目的で始まりました。小学生から高校生までこの制度が適用される範囲は小学校・中学校・高校です。特に高校生にとっては出席日数が足りないと進級や卒業に影響するので、ぜひ試し...

フリースクールや適応指導教室

子供の学校復帰、自信回復のために支援してくれるフリースクールや適応指導教室。今では、様々な機関が不登校に対してそれぞれの立場から支援をしています。では、それら支援機関の違いや特徴や目的とは何なのでしょうか。また、それぞれの支援機関を不登校におけるどのタイミングで活用するかも紹介します。ちなみに適応指導教室は教育支援センターと正式名称を変えていますが、今でも適応指導教室の方が広く知られた名前です。そ...

スポンサーリンク

 

●ページナビ

 

不登校について学ぶ

フリースクール・適応指導教室などの第三の支援機関

不登校にまつわる原因・対策・子供との接し方・学校との付き合い方・親として意識するべきことなど様々な視点で不登校について学びましょう。

●不登校について学ぶ

質問相談

フリースクール・適応指導教室などの第三の支援機関

不登校やひきこもりなど様々な問題に対して当サイトの複数のカウンセラーにメールで無料で質問・相談できます。メールアドレス記入不要です。

●質問・相談する