子供が不登校なった時に気を付ける8つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
不登校の気を付けるポイント
スポンサーリンク

精神面で気を付けるポイント

イライラしても子供へぶつけない

不登校の子供を見て、イライラしてしまうのは親として当たり前ですし、仕方がありません。でもこのイライラを子供にぶつけてはいけません。

親の怒鳴り声や不機嫌な表情は、子供の精神を疲れさせてしまいます。不登校の子供には学校も家も居づらい場所となってしまい、ますます悪影響です。

子供に腹を立ててイライラしてしまったときは、その場を離れて冷静になるのがおすすめです。

自信を持ってもらう努力

もしも子供がいじめにあっていたら、親は何をするべきなのでしょうか。親がすること、親だからできることの一つが「自信を持たせる」こと。

いじめの被害にあってしまった子供は自信を失ってしまっていることが多いです。考えれば当たり前です。「死ね」などの暴言を吐かれ続けているのです。

言われ続けることで「本当に自分なんて死んでしまえばいい、いなくなってしまえばいい」と思ってしまっているかもしれません。

親はどんなに小さなことでもいいから「ありがとう、あなたがいて助かった」と言葉で伝えてください。それだけで子供は自分はいたほうがいいんだと実感してくれます。

笑顔を忘れずに

子供がいじめられたら、不登校になったら、笑顔でいる時間は少なくなってしまうかもしれません。でも、大切なのは親が笑顔でいることです。

親の笑顔を見るだけで、子供はリラックスした気持ちになれるし、家庭で心を休めることができるのです。

共感してあげること

もしも、こどもがいじめられていると告白してくれたら、まずはその子の辛さを一緒になってしっかり受け止めてあげてください。
一緒に「つらいね」って。一緒に思いを味わいましょう。

もしも親が出て行ったところでいじめがエスカレートしてしまうのなら子供を学校に行かせなければいい、転校すればいいのです。
親は自分の味方だ、自分のために動いてくれている、親は子供を愛している、それがわかってもらえればいいのです。

家庭・生活環境で気を付けるポイント

子供の体に素直に従う

不登校の子供は、学校に行かなきゃいけないと思っている子供も多いです。しかし、「不登校」の状態になると、心ではなく体が学校を拒否してしまう場合が多いです。

親は、子供の体が学校を拒否しているのであれば見守ってあげましょう。

本当に子供が学校に行きたくなったら行くようにすればいい、そう伝えてあげるだけでも子供の心はふっと軽くなります。

学業に関しては自宅でも、学校以外の場所でも勉強する方法があります。親は、学校以外の場所で学びの場所を見つけてあげましょう。

安らぐ環境を作ってあげる

不登校の子供に、親ができることの一つが「安らぐ環境をつくる」ことです。

不登校になっている本人は「これから先どうなるのか」「自分の辛さは他人にはわからない」など、周りが思っている以上に悩みを抱えていることが多いです。

家族のなんてことない言葉にも傷ついてしまうかもしれません。家族ができることは適度な距離をとり、安心できる環境を作ってあげることです。

食生活のリズムを整える

子供が不登校になってしまったとき親がするべきことの一つが3食きっちり食事をとらせることです。朝と夜は必ず一緒に食べましょう。

食生活のリズムをきちんと守らせることは不登校を脱するために大切なのです。

自宅に引きこもってしまうと、ついつい時間を守らなくなってしまうのでだらだらと過ごしてしまうことが多いようです。食事はなるべく添加物の多いものに偏らないようにしましょう。

添加物の多い食べ物はミネラルやビタミンをほとんど含みませんし、体内で分解される過程でミネラルやビタミンを大量に消費してビタミン不足になってしまい、胃腸に負担をかけてしまいます。

朝起きにくい、なんだかだるいという症状を引き起こしやすくなってしまうのです。

親ができる学校への対応

自分の子供がいじめられいると分かったとき、学校へはどのような対応を撮ればいいのでしょうか。

まずはクラスの担任から話を聴いてもらいましょう。クラスへの影響が大きく、担任の先生が解決してくれることも多いです。

担任が動かない場合は次に教頭→校長→教育委員会といった順で直接会いに行って話すようにしましょう。

ポイントはできるだけ、具体的な対策を求めることです。また、対策の進み具合を確認する「期日」を必ず約束することも忘れずに。期日がないと、のらりくらりと取り組んでくれない、というケースも残念ながらよくある話なのです。

学校に対する行動や勉強などについては不登校の子供に対して出来る対策まとめもご覧ください


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。